2019年8月18日日曜日

第37話:日本の病院

Bossです。

来日して6年目となる先生たち。普段から健康管理をしっかりしてくれているので、病欠することはまずない。これは生徒さまにとっても、そしてBossにとってもうれしいことです。

そんな彼女たちにも不慮の病はつきもので、これまでに内科、外科、耳鼻咽喉科、歯科などを頼ったことがある。

昨夜もMarilou先生が緊急で歯医者さんに行ったばかりだ(「親知らず」を抜歯しました)。





日本での親がわりとなるBossは、必然的に病院に同伴することになるんだけど、そんなときいつも

日本の病院のほとんどが「通訳者」なしではコミュニケーションがとれない

ことに大きな課題を感じます。

2年前にMina先生が「急性盲腸炎」で入院&手術したときなどは、緊急手術前で不安がっている彼女に、術前術後の説明をぜんぶBossが通訳しなきゃいけないレベルだった。
あのときのMina先生、どれくらいBossの説明を理解してくれていたのかな・・・今度きいてみよう。緊迫感の中、専門用語を駆使して説明しなきゃいけないあの経験はBossもMina先生も一生わすれないだろうね。


「お・も・て・な・し」という hospitality  を掲げる日本ですから
外国人の患者さんにも(日本人のそれにするのと同様に)的確な説明ができるレベルには、お医者さんたちもグローバル化する日本の状況にあわせたホスピタリティ、英会話レベルの向上を期待したいですね。


語彙(みんなはどれくらい英語でいえるかな?)


インフルエンザ
点滴
盲腸炎(虫垂炎)
輸血
手術
麻酔
車椅子
注射
親知らず
抜歯
内視鏡
入院
退院
診断
処方箋
予後
麻痺
抗生物質

the flu (influenza), instillation (intravenous feeding), appendicitis, a blood transfusion, surgery (operation), anesthesia, wheelchair, shot (injection), wisdom tooth, extraction, endoscope, hospitalization, be discharged, diagnosis, prescription, prognosis, numbness, antibiotic



(おまけ)


昨夜、謎の文章を息子から授かりました。
友達から「なんて書いてあるか解読してほしい」という依頼があって、SNSを駆使してみんなに協力をよびかけているそうです。


Bossもふくめて読めない怪文書。Mina&Marilouにも転送したら、ものの数分で回答がまわってきて、みんなびっくり!


さあ、みんなは解読できるかな?



※答えが気になる人は直接レッスンのときに聞いてみよう!








2019年8月8日木曜日

第36話:落とし物しちゃった








“Please check your personal belongings before leaving.” This is an announcement you would hear a lot, reminding you to not forget anything before leaving a place. In my years of staying here, I’ve never had an experience of losing something really important, at least not until a couple of weeks ago.

 In this blog post, I’ll let you in on a secret of a very unforgettable experience I had.


I was riding my bicycle back home on a Friday afternoon, when I unknowingly dropped my card holder. It contained cards necessary for my daily life here in Japan. I’ve tried searching for it but I ended up tired and frustrated.

I couldn’t find it. I finally decided to tell my boss about what happened and continued the search for the missing purse.


Fast forward to one night, Mina and I were on our way home talking about how it’s been a week since I lost my cards. I was pretty worried about it but still had high hopes that someone brought it to the police station. Mina checked the mailbox and was surprised to see a notice addressed to me. It was from the City Police Station. I couldn’t believe it! We were so glad that someone indeed picked the purse up and brought it to the Lost and Found. I was even more delighted by the fact that we were just talking about it minutes ago!


A few days later, Boss and I went over to claim the purse at the Lost and Found. Everything was there, from the cards to the loose change I had in it. I was asked to confirm all its contents and I gladly told the officer that nothing was missing. I would have wanted to know the information of the person who found my lost item but those were kept confidential. Anyways, whoever the kind person was, I am very thankful for his/ her good heart.






As we headed back home, I felt a great sense of gratitude towards people who do acts of kindness in their daily lives. I have also proven once more how kind and honest Japanese people are and how safe it is to live here. And more than that, it made me think that there are still many good people out there!

I never want to lose any of my belongings ever again but I hope to experience more of people’s kindness in the future!  



「お忘れものございませんよう、ご注意ねがいます。」
これって、その場所を去る前には気をつけましょう、ってことでたくさん耳にすることだよね。
日本に来て何年もの間、大事なものを紛失しちゃうことなんてなかったんだ。そう、すくなくとも数週間前まではね。

さて、今回のブログでは、そんな私のまさに「忘れることのない」経験を話題にしてみました。

ある金曜の午後、自転車で自宅に帰る途中で、うっかり(財布つきの)カードホルダーを落としっちゃった私。中には私がここ日本で生活するのにはなくてはならないカードが入っていたの。がんばって探したんだけど、結局疲れとがっかり感がのこっただけ。

どうしても見つからない。私は、おこしちゃったことをBossに伝えようと決め、そして失くしちゃった財布を探し続けたの。



しばらく日がたったある夜、Mina先生と私は、カード一式をなくして1週間、どうなっちゃったのかを話しながら帰宅してたの。とても心配だったんだけど、誰かが拾ってくれて交番に届けてくれるんじゃないか、っていう気持ちは持ってたんだ。自宅に着き、Mina先生が郵便受けを確認して、そしたらなんと私宛の通知がきているじゃない!それは市警からのものだったわ。信じられない! 誰かが見つけてくれて遺失物として警察に届けてくれたことがとても嬉しかった!数分前までMinaとまさに話していたことなだけに、ほんとたまげた。

数日後、Bossと私は警察の遺失物取扱所に財布をとりに行ったの。その中に入れていたカードから小銭まですべて入ったままで戻ってきたわ。(係の人に)すべての中身について確認するように促され、そして私は何もかもが入っていることを係の人に伝えたの。誰がこれを見つけてくれたのかを知りたかったんだけど、非公開扱いになっていてわからなかった。親切にしてくれた人がわからずじまいだけど、その人にこころから感謝しています。

自宅に帰りながら私は、日々の生活のなかで親切な行動をしてくれる人たちにとてもおおきな感謝の気持ちをいだいていたわ。そして日本の人たちがどんなに親切で正直なのか、ここに住むことがどんなに平和なのかをあらためて思い知り、まだまだたくさんの親切な人がいるんだな、ということを感じさせられました。

この先もっと人の優しさに触れたいな、って思うけど、もう二度と大事なものを落っことさないようにしなきゃいけないよね。




Vocabulary

Unknowingly- adv. Without knowledge or intention.
End up- phrasal verb. To finally be in a particular place or situation
Frustrated- adj. Feeling disappointed about a failure.
High hopes- n. A strong feeling that something good will happen or be true.
Claim- v. To formally request or demand.
Loose change- n. coins
Confidential- adj. Kept to be a secret
Belongings- n. Property; something owned by someone




用語


Unknowingly- 形容詞  うっかり
End up- 句動詞  最後は~でおわる
Frustrated- 形容詞  失敗でがっかりして
High hopes- 名詞  良いことがおきるのではないか、という強い期待
Claim- 動詞  正式に要求(請求)する
Loose change- 名詞  小銭
Confidential- 形容詞  秘密で
Belongings- 名詞  所有物







2019年7月17日水曜日

第35話:fireworks



「たまや~!」「かぎや~!!」

・・・といえば、日本ではおなじみ?の掛け声だよね。

これらは江戸時代の有名な花火師の屋号に由来する、って先日クイズ番組で紹介されてたっけ・・・・

で、今回の話題は「花火をみての外人のリアクション」について。



どうやらMina先生とMarilou先生は、由比ヶ浜の花火大会がちょうどふたりの休日に重なったもんだから楽しんできたらしい。



さあ、今回のブログはMina先生がまとめてくれたよ。さっそく読んでみよう!!

※和訳は最後に掲載しています。






How to react in English

Summer means festivals and fireworks! If you checked our Instagram and Facebook account, you might have seen my recent update about the fireworks showcase in Yuigahama beach. Teacher Marilou and I always look forward to these fireworks showcase every year. Our days off are quite unique so we are most likely to miss festivals. That day was perfect! As you know, July has brought us only rainy days for the past weeks but surprisingly, the skies stopped crying for a while and allowed the event to successfully take place.

I figured writing a blog about expressions on how you can react on something good (or bad) in English. I have divided into three parts the first one being (a) exclamatory phrases; (b) how + adjective; (c) what + noun.

Let’s dive right in!

a.       Common exclamatory phrases
While we were watching the fireworks, we exclaimed a bunch of expressions like:

Wow!
Amazing!
Wonderful!
Incredible!
Oh, my gosh!
Oh, my goodness!
Beautiful!
Spectacular!
Marvelous!

Two more ways to describe an event happening at the moment, a scenery or even a performance are the two following patterns:



b.      How + adjective
How beautiful!
How awesome!
How interesting!
How cool!
How nice!

c.       What + noun
What a show!
What a performance!
What an outfit!
What a day!

You can also add an adjective before the noun to describe something more effectively.

What an incredible show!
What a great actor!
What a powerful voice!
What a terrible day!
What a messy room!

I hope you can try using them!

-Teacher Mina


英語でのリアクション

夏といえば「お祭り」と「花火」!
私たちのインスタグラムやフェイスブックをチェックしてくれている人は、私達が由比ヶ浜の花火大会に行ってきたことをすでに知っているよね!
Marilouと私は毎年「花火大会」を楽しみにしてるんだ。でも私達の休日は週末じゃないのでお祭りにはなかなか巡り会えないの。でもこの日は完璧!7月の数週間、雨ばっかだけど、その日は雨がなんと降らずに、花火大会が行われたの!!

そこで、今回は(花火を見ての)驚き(つまらない場合も含めて)を英語でどう表現するかを題材にブログをかきました。3つのパターンにわけてみたのでさっこく見てくださいね!

A:一般的な「驚き」をあらわす言葉
花火を見てるときに、私達はこんな言葉でその美しさを表現したわ。

Wow!
Amazing!
Wonderful!
Incredible!
Oh, my gosh!
Oh, my goodness!
Beautiful!
Spectacular!
Marvelous!





・・・さらに「景色」や「パフォーマンス」を表現する方法には以下の2パターンがあるの。

B:How + 形容詞

How beautiful!
How awesome!
How interesting!
How cool!
How nice!


C;What + 名詞

What a show!
What a performance!
What an outfit!
What a day!




・・・さらには名詞の前に形容詞をつけてみると、より表現力がゆたかになるね。


What an incredible show!
What a great actor!
What a powerful voice!
What a terrible day!
What a messy room!



さあ、みんなも英語でリアクションしてみてね!

Minaより


2019年7月3日水曜日

第34話:同意語?同義語?類義語?




Bossです。

互いによく似た意味を持つ単語のことを英語で「 synonym 」っていうんだけど、きょうはこれについてのおはなし。

日本語だと、たとえば・・・


「ねじる」と「ひねる」

「芸人」と「タレント」

「金持ち」と「裕福」

などがこれにあたるよね~。



英語にはその「synonym」がいっぱいあって、微妙に使い方が違ってややこしい。その代表例としてぼくらが一番最初にならったのが、


「watch」と「see」と「look」の使い方や

「listen」と「hear」の違いだったりする。






覚えた単語が増えてくると、さらに使い方に迷うことがでてくるので、「ここらで整理しておこう!」って思ったときにおすすめのウェブサイトがこちら。

http://synonym.englishresearch.jp/index.html



最近更新はされていないようなんだけど、初級~中級レベル単語の「synonym」について、とても親切にまとめあがっていて感心しています。

英会話を勉強中のひとにはきっと役立つページです。いちどチェックしてみてくださいな。


ということで今日はおすすめウェブサイトの紹介でした!!


・・・ところで今日の表題。「synonym」って日本語に訳すと、「同意語」「同義語」「類義語」のどれになるんだろう?

う~ん・・これらの単語は「日本語版のsynonym」だな。


おしまい。






2019年6月15日土曜日

第33話:「雨」のイディオム


エクセルイングリッシュのインフォメーションボード、時々見てくれているかな?
あそこに掲載されるidiom(慣用句)の絵柄は、Marilou先生のお手製なんだよ。

季節に合わせて模様替えしているんだね!で、今は梅雨どきなので、「雨」が題材なんだな。


今回のブログは、このボードには貼りきれない「雨」にまつわる英語の言い回しを、Mina先生・Marilou先生監修のもと作成しました。

みんな覚えて、先生とのレッスンに使ってみよう!

というわけで、題して・・・


MOST COMMON IDIOMS WITH 'RAIN' IN THEM



1. "I'll take a rain check." - an expression used by native English speakers to refuse an invitation politely.
ex. A: Hey, why don't we grab a drink tonight?
B: I'll take a rain check.

「今回はお断りしておきます。」と、招待などを丁寧にことわるときにつかいます。
例:
「今夜飲みに行かない?」
「うん、また今度にするよ。」





2. save (something) for a rainy day - to reserve something for a future potential time of difficulty or need.
ex. I'm taking multiple jobs now because I'm saving money for a rainy day.

「不時の出費に備える」という意味。
例:
将来お金に困らないように、仕事をいろいろやっているんだ。





3. rain or shine - whether it rains or not
ex. He goes running, rain or shine.

「晴雨を問わす」すなわち「どんなときでも」という意味でも使えます。
例:
彼はどんな天気でもランニングをするよ。





4. When it rains, it pours - difficult situations tend to arrive at the same time.
ex. After his father's death, their family was left with a huge amount of debt and their mother got sick soon after. When it rains, it pours.

「pour (down)」で「雨が強く降る。」っていう意味だよね。で、この場合は
「降れば土砂降り」転じて「泣きっ面に蜂」という言い回し。
例:
父の死後、大きな借金が家族に残され、母もほどなく病に。泣きっ面に蜂だ。





5. Rain on (someone's) parade - prevent someone from enjoying an event or to ruin someone's plans
ex. I don't want to rain on your parade but the book is so much better than the movie version.

人の楽しみを削いだり、計画をだめにしちゃう・否定的な意見を言うこと。
例:
きみには悪いけど、映画でみるよりも本のほうがよっぽど良かったよ。





6. Right as rain- To feel completely well again.
ex. He was very ill, but he's right as rain now.

再び、完全に良くなること。イギリスでは雨天が普通で、その「普通の状態にもどる」というのが語源のようです。
例:
彼はまさに病気だったが、今は回復した。





7. Localized downpour - which is coined as "guerrilla rain" "ゲリラ豪雨" in Japanese
Guerrilla rain isn't used in the English language.

日本でいうところの「ゲリラ豪雨」は「guerrilla rain」とはいわずに、「Localized downpour 」「Localized torrential downpour 」といいます。「局所集中豪雨」と訳せますかね。





8. To rain cats and dogs - means to rain very hard.

これはおなじみの言い回し。雨が強いときにつかいます。





9. "It's raining men." - used in a situation when there are many attractive men around. It's actually a song popularized by the Weather Girls. Take a listen.


「the Weather Girls」の曲、「It's raining men」が語源。かっこいい男の子たちがたくさんいる状態を表すんだけど、ゲイのコミュニティでよくつかわれるみたい。詳しくはネットで調べてみてね!





10. Rainmaker - is an employee who generates a significant amount of new business or income to a company by attracting clients, funds or businesses.

We need to hire a rainmaker to bring our business up and running again after a quarter of plunge in our sales.

企業・会社に大きな利益やお客様をよびこむ従業員や幹部のこと。
例:
四半期の売上落ち込みからの回復にむけて”rainmaker”を雇う必要がある。


2019年5月30日木曜日

第32話:海外で有名なゲーム動画


Bossです。

みなさんは「Youtube」よく見ますか?

今回はBossが最近「ハマっている」youtube動画を紹介したいと思います。

超人気コメディアン(女優さんでもあるのかな?)のEllenさんがEmceeをつとめる人気番組をyoutube化したもので、世界で約3300万人もの登録者数があるんです。すごい!!


おもしろい英語のゲームがあったり、有名人のインタビューがあったり、ぜひ「英語大好き!」になるとっかかりにしていただきたいです!

以下はその動画の一部です。いろいろ見たい方は「TheEllenShow」で検索!!


NGワードを言ってしまうととんでもないことになる動画





ゲームに勝つと豪華景品がもらえるんだけど、それを阻止するために一生懸命なEllenさん





日本では超有名になった、この方までインタビューにでている。


2019年5月15日水曜日

第31話:英文法(その2)

前回からの続き

で、中・上級者向け、より細かな英語のルールをしっかり知りたいときにはこれ!



説明も英語なんだけど、できるだけわかりやすく、しかも前回ご紹介した「エバーグリーン」よりもさらに深く英語のルール(文法)を知ることができます。

また、雑誌の最後にある「索引」が非常に充実しているので、「目次」の内容がよくわからなくても、知りたい単語の用法などから「索引」で簡単に検索できるとおもいます。


Oxford Universityの出版だけど、Cambridge大学出身(現在日本で英語の教鞭をとっている)の知人に「これが絶対におすすめだ!」とrecommendationされて購入、実際とても役立っているので、「お墨付き」だとおもってください!

ではまた!




2019年4月28日日曜日

第30話:英文法(その1)


Bossです。

もう10年になるけど、Bossは娘や息子が中学生になり英語を学び始めたときに、一緒に英語の勉強をはじめたんだ。

それ以来、子どもたちの使う参考書を拝借しての勉強が続いてるんだけど、そのなかで今もお世話になっているのが、これ!

もってない生徒さまにはぜひおすすめしたい英文法参考書です。





当時は「Forest」っていうタイトルだったんだけど、その最新版「Evergreen」(中身はほぼいっしょです)。

英語の中上級者でも、「あれ?」って思ったときに読み返すと、「なるほどそうだったな!」ってなるはず。

最初っから読むのもよし、調べたいところを索引から見つけ出すのもよし、英文法の基本がしっかりわかりやすく詰まっているとおもいます。





最近では、Mina先生やMarilou先生も、生徒様にいわゆる「日本式の英文法」を教えるのに参考になるみたいで、この本を借りに来るくらい。とても良いです!

(たぶん学生のみなさまは、学校で購入必須になっているんだろうな・・・)


さあ、ご家庭にこの1冊、英語学んでいるならぜひ調達しちゃいましょう!!


※次回は、これの上級版としてもうひとつおすすめしたい本があるので、それを紹介予定!

2019年4月22日月曜日

第29話:桜の木の下で



Bossです。

桜が満開のある日、エクセルイングリッシュの前にある「相模女子大学」のキャンパスから送る、先生から生徒のみなさまへの動画&レターメッセージ



「春になったね!みんなは春のどんなところが一番すきかな??」


動画を見たあとは、レターメッセージも読めば、スキルアップ間違いなし!


①youtubeメッセージ






②レターメッセージ


EXL Talks: What do you like most about spring?

Spring is such a wonderful time of year when you’re all bright and happy about how everything is in color once again.

 In this clip, Teacher Mina and Teacher Marilou talk about what they like most about this season. 

Watch the video to find out and read on to learn some useful words and expressions.


The first thing we all love about spring is that it is warmer and people can spend more time outside.

The weather is warmer and the flowers are in bloom.

People enjoy cherry blossom viewing.

Teacher Marilou talks about how she likes the breeze of Japanese spring.

 She is a fan of its ‘earthy’ scent which means she likes the hint of fresh leaves, wood and the ground in it. 

“I’m a big fan of earthy smells.”

The breeze in every season has its own unique smell.  

Each season has a distinct scent.  


Teacher Mina then talks about how spring might be her favorite season but feels like autumn is also a good choice. 

To be torn between two things means to find it difficult to pick one over the other. 

“I’m torn between spring and fall.”


Spring is a good time to start doing something new. 

It’s a season for new beginnings. 

What about you? What do you like most about spring?

We here at EXCEL English hope you had a great start of spring! Till the next EXL Talks!  






 













2019年4月9日火曜日

第28話:お花見のはずが?


Bossです。
お花見が大好きな先生たち。「よみうりランドの桜がすばらしい!」ということで出かけたんだけれど、そこにはもっと魅力的な「絶叫マシーン」が!


先生たちの楽しい休日をMarilou先生が「単語解説」を交えてブログ風にまとめてくれました。 さあ読解にチャレンジ!!




Scream Spring!
Its currently springtime and the earth is coming to life once more! As a way to celebrate this season, we went to Yomiuriland last weekend and spent the day cherry blossom viewing aboard fun-filled rides. Check out below how we spent our day at the theme park. Enjoy!

1.    We screamed at the top of our lungs on the free fall rides!  
To scream at the top of ones lungs means to scream very loudly.


※人生初のフリーフォールマシーン。発射前に不安は先生たち


2. The loop ride literally turned our worlds upside down.To turn something upside down literally means, to physically invert someone or something.


※乗車直前まで、まさか360度回転するとは思ってなかったみたい。



3. The view from the Ferris wheel was truly breathtaking.
A Ferris wheel is an amusement ride consisting of a rotating upright wheel with multiple passenger-carrying components attached to the rim. 


観覧車からは富士山、都心、スカイツリーまで見渡せてご満悦!


4. The cherry blossoms have a different charm at dusk.
Dusk is the darker stage of twilight; sundown. 



夜になりやっとお花見タイムになりました。




5. We took a selfie underneath the pretty lights.
A selfie is a photograph that one has taken of oneself, typically one taken with a smartphone or webcam and shared via social media.


イルミネーションもすばらしく、一日を通してとても楽しい休日だったよ!


2019年3月23日土曜日

第27話:知ったら「へえ~」って思ったこと

Bossです。

Mina先生・Marilou先生との雑談で


日本は何でも英語(外国語)をカタカナ表記にして「会社名」「商品名」もしくはそのまま「日本語みたいに扱っちゃう」のが多いよね~!中にはへんなのもある!!


って話になった。





・・・たしかに周りを見渡すとカタカナ表記の英語があふれているな。

たとえば Excel Englishの教室から見えるアパートの名前は

「ドゥエルミサワ」って書いてある。
dwell : 住む、暮らす

また、そのアパートには「カイロプラクティック」と看板に書いてある。
chiropractic:脊柱指圧療法




Bossの職場(スポーツ自転車店だ)も同じことが言える。

例えば、機械製品を水流洗浄する機械の名前はトレント
torrent:急流、土砂降り(torrents)

最近発表されたスポーツ電動アシスト自転車の名前はバーブ
verve:熱、活気



ソリューション・イノベーション・アナリスト・クレジット・デポジットなどなど・・・
英語知ってないと何のことだかわからん文章、CMなどでもたくさん聞くようになった。
solution:解決法
innovation:革新
analyst:分析家
credit:信用貸し
deposit:預金



なるほどグローバル化は確実に日本でもすすんでいるってことだね。
global:世界的規模の


と、そこで今回Bossが生徒のみなさまにぜひぜひオススメしたいのが

日常で出くわしたカタカナ語や英語はぜひ調べてみるべし!!

ってこと。結構おもしろい発見があるものだよ。



Bossがこれまで出くわしたもので「へえ~」なものを思い出してあげてみよう。

○トヨタの最高級スポーツカー「スープラ」の新型がこの春発表されるよね!
supra:~を超えて

○風邪薬で「ルル」ってのがあるでしょ。目薬には「アイリス」ってのがある。
lull:痛みなどを和らげる
iris:(眼球の)虹彩

○点鼻薬には「ナザールスプレー」なんてのもあるよね。
nasal:鼻声の

○柔軟剤といえばダウニー
downy:ふわふわの、やわらかい

○女性服ブランドショップにsly(スライ)、看板に書いてあってなんで?って思った。
sly:ずるい(狡猾・茶目っ気という意味もある)

○アベイルっていうトータルファッションショップもあるな
avail:役立つ、用が足りる

○Bossが愛用していた有名スポーツサングラスの商品名はストレートジャケットだった。名前の意味を知らずに使ってたけどね。
straight jacket:囚人用拘束服

○トビ職の人のズボンはニッカポッカっていうよね。あれは本来ニッカッカとするべきじゃないかとおもう。
knickerbocker:ニューヨーカー・オランダ移民・膝下をしぼったズボン(knickerbockers







どう?ちょっとした日常の単語が勉強にもなるし、知っていればちょっとした雑談トリビアにもなるしいいとおもわない?

・・・というわけで、Bossからのオススメを今回はブログとします。おしまい。
trivia:些細なこと





2019年3月16日土曜日

第26話:リスニング






Bossです。

いわゆる英語の4技能といえば「Reading 」「Listening 」「Speaking 」「Writing 」だね。
英検やTOEICはもちろんのこと、大学受験もいまやこの4つの実力が問われるようになってきた。

さて、今回はそのなかから Listening にフォーカスをあてて、


実力アップにオススメのメディア

を、エクセルイングリッシュの先生、そして、Bossからそれぞれ一つずつあげておきます!



① TED

これは先生からのオススメ。
Technology, Science, Design, Business, Innovation, Health, Nature, Environment, Futureなどなど、様々な分野にわたる発表会の場がTEDだ。

素人からプロフェッショナルまで、職業・人種・性別・年齢など問わず発表会に出演していて、この映像を無料で見ることができる。

しかも、これのすごいところは、

動画下の「transcript」ボタンを押すと、動画内の喋っている人の言葉がぜんぶ書いてあること!!

これは相当役立つ。

Bossも先生にオススメいただいて、相当数の動画を見て「英語耳」を育てたぞ(というか今も育て中だ)。興味ある人のために以下にリンクを貼っておいた。

https://www.ted.com/#/





② NHK 9時のニュース

これはBossからのオススメ。NHKのニュースは2カ国語放送になっているのは知っている人も多いよね。

「だから、これを英語バージョンで見よう!」

・・・と、言ってしまえばそれだけなんだけどね。


いろいろな二ヶ国語放送があるのに、なぜこれをあえてオススメするかというと、Bossの経験からして、「NHKのが一番聞き取りやすくて簡単だから」なんだ。

しかも日本のオフィシャル番組だから、文法なども気をつけて喋ってくれてるし、国内ニュースがほとんどだから日本人に馴染みやすいんだ。

それに比べてアメリカのCNNやイギリスのBBCなどは、それなりに実力がついてからじゃないと聞き取れないとおもう。話題も海外のことだからね。




最後に・・・

「海外のミュージックを聴く」「海外映画を英語バージョンで見る」

などがまず思い浮かぶことだけれど、実はこの2つがいちばん聴き取りにくいとおもう。

英検1級取得して、日常会話には何も不便を感じなく、難しい分野のことだってそれなりに会話でき、海外のニュースもほぼ聴き取れるのに、上記の2つだけは真剣に聴いてても半分も理解できないのでがっかりする。

歌詞になるとイントネーションとかも違ってくるし、映画のセリフはブロークンな英語になっちゃってたりするので、これらを教材にするのは無駄じゃないけど効率的とも言えないんじゃないのかな、っておもう。まあ、これはBossの私的な意見ってことで!

あ、唯一おすすめできるのは「カーペンターズ」。楽曲内の歌詞は簡単だし、聴き取りやすいぜ!興味あったら聴いてみよう!

おしまい。

2019年3月6日水曜日

第25話:やっぱり英単語


Bossです。

来週3月15日から、2019年度の英検申し込みが始まります(第1回は6月2日が試験日)。

前回のテストで合格をして次の級をねらうひと
前回失敗しちゃったんで再チャレンジするひと
そして初チャレンジをするひと

みんなひっくるめて「がんばって!」ほしい!!



でね、
Bossは「合格に向けての相談」をエクセルイングリッシュの生徒さまからメールだったり直接だったり受けることがよくある。

もちろん、そのかたごとに誠意を持ってアドバイスしてるんだけど、ここに「鉄板」のことをひとつかいておくよ。

「鉄板」だからあたりまえのアドバイスなんだけど、


該当級までの「英単語」は受験する以上、完璧にしよう!!



穴埋め問題も長文読解も、そしてリスニングも、すべての基本は英単語と英熟語。これを完璧にしなきゃはじまらない。

徹底的に覚えまくり、Mina先生・Marilou先生とのレッスンで使ってみる。

これでBossは英検1級までたどりつけたんだから自信をもってアドバイスとさせてもらいます。
※裏を返せば、英単語完璧にしてないなら合格は厳しいってことでもある。本気で合格したいなら覚えまくろうぜ!!


というわけで、ここからはBossがオススメする単語本を紹介します。




キクタン・キクジュクシリーズ(アルク)

https://ec.alc.co.jp/lp/series/kikutan/


アルクという会社が出版しているんだけど、英検の受験級にあわせて単語がまとめられている。CDもついてくるので時間があれば、それも聴きまくったよ。
ちなみに「TOEICバージョン」「受験頻出度別バージョン」などもある。受験級が2級くらいまでなら、該当する単語本だけやれば十分だ!そのかわり完璧にね!!




でる順パス単(旺文社)

https://www.obunsha.co.jp/category/05


準1級からは、上記のキクタンシリーズと平行して、旺文社からでている「でる順パス単」というのがおすすめだ。キクタンよりもたくさん単語が掲載されているので、両方やっておけば(かぶっちゃうのもけっこうあるけど)かなり自信がつく。

特に1級チャレンジなら合格ラインが他の級よりぐっと上がるため、最初の25問(単語熟語パート)は高得点をとっておきたいところだ。そのためにも両方のシリーズを完璧にしておくことで合格ラインが見えてくるはずだ。





さて、最後にもうひとつ追記しておきたいことがある。

日本における単語本ってのには限界があって、上の2社がだしてるのをすべて網羅すればもうそれ以上の難易度のものは冊子としては日本に存在しない。そして、一般的な教養をもっている外国人とも、どんなトピックでも普通に会話ができるようになる。

で、次のステップに進みたい人におすすめなのがこれ。





これはもう5年以上前、とあるネイティブの知人からすすめられた「海外で有名な英単語本」なんだ。当時彼がBossに言った言葉、それは

「いずれ英検1級を取るほどの実力がついたなら、ぜひこの本を試してみろ。この本を制覇したときこそ、おまえは海外の知識人とも対等に話ができるときだぞ」


・・・Bossはその当時準1級すらもっていなかったんだけど、この「魅力的な本」を衝動買いした。それ以来いまも挫折を何度も繰り返しながら、こいつと戦っているんだ。

もう3回くらい読み倒しているけど(読み倒しても単語暗記はまだまだ)、ほんとうによくできた単語本だ。


この本を制覇するにはまだ数年かかりそうだけど、これのおかげもあってかTIMEやThe Economistといった最難関雑誌も辞書をあまり使わずに読み解くことが徐々にできるようになってきた。




・・・英語を学ぶ以上、英単語暗記は永遠に続く。これはBossにとって決して苦痛なことではなくて、単語を覚えれば覚えるほど、世界が少しずつ広がっていくのがとてもおもしろい。

そう、それが実感しはじめたなら、英単語暗記は楽しいものに変わるんだ。

そういう気持ちをエクセルイングリッシュの先生たちがBossに教えてくれた。だからとても感謝している。

生徒のみなさまにも、エクセルイングリッシュの先生をとおして、そういう気持ちを感じてもらえてるなら、Bossはとてもうれしくかんじます。













2019年2月26日火曜日

第24話:河津にて



Bossです。
2月20日、エクセルイングリッシュ5周年をお祝いしよう!ということで、先生たちは伊豆(河津)に1泊2日の旅行に行ってきたんだよ。早咲きの河津桜、とてもきれいだよね!!

そこで今回は、Mina先生描き下ろしの日記をそのままブログにしてみた。

英会話を学んでいるみさなんには日本語訳は不要だろうから、そのまま載せます!
みてね!!





1. Pretty cherry blossoms, clear skies and good company. A picture-perfect spring day, indeed!

>Picture-perfect- ideal; completely flawless






2. Had so much fun taking pictures during the golden hour.

>Golden hour- period of daytime shortly after sunrise or before sunset, during which daylight is redder and softer





3. It feels good to take a stroll down a cherry blossom road.

>Take a stroll- have a leisurely walk





4. The cherry blossom trees are in full bloom.

>In full bloom – you can use this phrase to describe a tree that is covered with flowers.





5. We enjoyed a hot footbath. It was too hot for me!

>Hot footbath – a phrase to use when you bathe your feet in hot water.





6. Say cheese! for the camera.

>Say cheese! – use this phrase to make someone smile for the camera





7. We celebrated EXCEL English’s 5th year anniversary this month.

>(nth) year anniversary – use this pattern to talk about a yearly celebration

2019年2月17日日曜日

第23話:schadenfreude





Bossです。きょうは短めのブログをひとつ。

表題にある単語「schadenfreude」を知ってる人いるかな?

知っていたら相当英語力あるひとか、もしくはドイツ人だ。


「他人の不幸を喜ぶ気持ち」という意味の単語(名詞)なんだけど


英語にはもともと、他人の不幸をみて自分が幸せな気分になる、みたいな表現がなかったので、ドイツ語をそのまま英語として使っているらしい。日本語でいうところの「ざまあみろ」っていう意味合いかね。



・・・さて、なんでこんなの話題にするかっていうと、これは先日行われたばかりの英検の長文読解に出てくる話題だからだ。今日あたりに前回の英検の結果がみんなの手元に届いてるはずだから、ちょうどいい話題かな?っておもってね。


Bossは英検の過去問を時間があるときに少しずつやって自己採点するのが年に3度の習慣。で、特に長文読解のところは、「へええ!」「そうなんだ!!」「知らなかった!!!」っていう「新しい発見」もあって面白いな。




英語の実力アップとともに、新しい知識を得られるので、みんなにもぜひおすすめしたいね。


英検過去問は以下のページからチェックできるよ。過去3回分があるのでぜひチェックしてほしい。すごく勉強になるんでおすすめ!



http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/





ちなみに、ここに使われている画像、もうすぐひな祭りなので、お内裏様とお雛様でschadenfreudeを表現してみた。う~ん・・・イマイチ。





2019年2月8日金曜日

第22話:EXCEL ENGLISH 5周年記念(その3)


前回ブログからの続き


日本に来てからのMina先生は順調だった。
予想通りすぐに先生の人気は広まり、あっという間に生徒さまを抱えきれないほどになり、ご入会をお断りするほどの人数に達した。桜が咲く頃にはすでにいっぱいだったな。


Mina先生はここである決断をする・・・そう。次の先生のことだ。




2014年2月18日、エクセルイングリッシュ初日のフェイスブック投稿



「日本にどうしても呼び寄せたい人物がいる!」

とBossに申し出た。

それが、Marilou先生だった。


ふたりは大学の同級生。将来英語の先生になるべくして切磋琢磨した仲間のひとりであり、「Mina先生」にとって「パートナーとなるならこの人しかいない」とまでいわせるほどの先生としての素養を持つ人とのこと。


BossはMina先生の入国と同じよう資料作成に励み、その年の夏、Marilou先生がエクセルイングリッシュに加わった。

実際に授業を受けてみると、Mina先生同様に、母国で英会話講師としてキャリアを積んでいただけあって、教え方もとても上手だった。


ちなみにBossは無料体験のときに「先生の違い」を聞かれると、
「Mina先生は友達感覚で楽しい先生」「Marilou先生はお母さんみたいになんでも優しく教えてくれる先生」と説明している。

・・・どう?そんなかんじだよね?!







エクセルイングリッシュはその後も入会の問い合わせがあとを絶たず、いっとき先生を増やしたこともあったのだが、
Mina先生は「マネージメント」をするのではなく「英会話の先生であり続けたい」との希望で、小さくても楽しい英会話教室をMarilou先生と二人三脚で続けていくことになったんだ。

・・・そういうわけで、入会希望が多くても、生徒さま受入可能人数が限られていて、年間のうち数ヶ月しか生徒募集できないんだな。





ふたりは私生活でもとても仲がいい。






この5年で、日本をかなり知ったことだろう。日本語もすごくわかるようになったしね。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(終わりに)



・・・Mina先生がはじめて来日する直前に東京オリンピック開催が決まった。


「私は英会話講師として日本でオリンピックイヤーを迎えるの!まずはそれが目標ね!」


当時のMina先生がBossに言った言葉も、このままいくと実現しそうだ!

Mina先生、Marilou先生は、これからも英会話をとおして日本に貢献してくれることだろう。そしてBossの家族は陰ながらそれをバックアップし続けていきたい。

エクセルイングリッシュ。これからもご愛顧よろしくおねがいします!