2019年10月9日水曜日

第40話:正しい英語を話そう(第2回)冠詞の使い方




Fix your broken English TODAY! Part 2 – Articles A, An and The
How did you find last week’s blog? Did you try using plurals in your sentences? I hope you did. Now, we will dive right in to my second installment for this series.

カタコト英語をなおそう! パート2:冠詞「a / an / theの使い方」
みんな、前週のブログは見てくれたかな?複数形をうまくつかいこなせた?うん、それでは次のステップに進みましょう。






Articles a, an and the are perhaps one of the most difficult concepts to learn in English for Japanese learners. But the first thing I want you to do today is to attach a or an in front of your singular noun. Do you remember what singulars are? As I have said in the first entry, the number or the amount is quite necessary in order to use the correct predicate in your sentence. Singular refers to being “one” in number.
Basically, we use a or an for singular nouns:

For instance:                   a switch                            an eel

That being said, if you want to talk about something in English you have to think whether it is only one or more than one.

Think:                                        Instead of:
                             a shirt                                   shirt


                             I have a pet.                                 I have pet.



冠詞(a / an / the)は、日本人にはとても使い方が難しいことのひとつだと思う。で、まず大切なのは単数名詞には「a / an」をつけてほしいこと。前回のブログでふれたけど、文章中で数をちゃんとわかるようにするのがとても大事。単数とは「ひとつ」ってことだね。その場合は「a もしくは an」をつけるわけ。例えば、



   a switch                                          an eel


で、文章中では、それが「ひとつ」なのか「多数ある」のかをちゃんと伝えるわけ。


Think:                                             Instead of:
                             a shirt                                                           shirt
                             I have a pet.                                                I have pet.








Here comes the hard part—-using the article the. Don’t worry, I won’t ramble on this one too much.
In a nutshell, the article the is a definite article used for specific things. What do I mean by specific? Let’s have a look at this conversation.

Jake: You told me last week that you bought a car. (Jake doesn’t know which one it is)
Charles: Yes, I did. This is the car.  (Charles points to that particular car)


で、難儀なのが「the」だよね。ここはさらっと説明しちゃうけど、要するに「the」は「そのものが特定してるとき」に使う冠詞なんだ。「特定」ってのはどういうことかというと、この文章をいい例かな。

Jake: 先週、車を買ってって言ってたよね。(Jakeはその車を知らない※特定してない)
Charles:うん、これがその車だよ。(Charlesはその車を見せている※特定している)







In addition, it is also used for people or things if there’s only one of them in the world or in a particular place. For example:

The President     The moon        The sea    The ky         
The office        The hospital      The kitchen          The doctor      


ついでに言っておくと、世界でひとつと特定して話せることや特定の場所を指す場合にも使うんだ。例えば
The President               The moon                       The sea                       The sky                          
The office                       The hospital                  The kitchen                   The doctor      









Try this short quiz to test your knowledge:
さあ、これらの問題、どの冠詞を使うのが正しいかチャレンジしてみよう!

1.      There’s a/an/the interesting show on TV.

2.      I want to get a/an/the pet.
3.      A/An/The U.S. President paid a visit to Japan recently.
4.      I went to a/an/the hospital last week.
5.      Look at a/an/the sky.






How did you do? Please tune in again next time! -Teacher Mina


みんなできた?それじゃまたね!Minaより


























2019年10月2日水曜日

第39話:正しい英語を話そう(第1回)単数形 / 複数形



日本在住6年目となる先生方だからこそわかる「日本語 / 英語の文法的違い」「日本人が間違えやすい英文法」をブログをとおしておしえてくれるよ!

その第一回目は「単数形 / 複数形」について。 さあはじめよう!






Let’s fix your “broken English” today! 🔨  Part 1 – Singular and Plural form of nouns

There is no better time to brush up on your English skill but today! October will be very productive for all of us because every week we will be solving small but very important grammatical mistakes that we often make when speaking English.
In Japanese, singularity and plurality of nouns, quantifiers, articles, possessive adjectives and expletives are presented vaguely or even not at all. It’s about time that we dealt with them, once and for all.
Let’s start with our very first installment.


カタコト英語をなおそう! パート1:名詞の単数形と複数形
あなたの英語、ブラッシュアップいつやるの?「今でしょ!」
・・・というわけで、10月からは毎週、会話の中で間違えやすい「ちょっとしたことだけどとても重要な」文法を修正していきたいと思います。
日本語だと「名詞の単数形 / 複数形」「some / manyなど」「a / the」「your / his / myなど」「there isなど」はあまり意識しないでいいよね。で、ここできっちりそれらを確認しておこう!ってわけ。
さて、今回はその第一弾です。





Singular and plural form of nouns (as the subject) dictate the correct predicate to be used in a sentence. Thus, failing to use the correct form automatically makes one’s English sound broken.


Singular (1)– an apple                   An apple fell from the tree.
Plural (2 or more) – apples         Apples are good for you.


主語が単数形か複数形かにあわせて、正しい動詞を使い文章を作ること。これができないと「カタコト英語」に聞こえちゃうのよね。


例えば・・・
単数形 (1つ)– an apple                   An apple fell from the tree.
複数形 (2つ以上) – apples          Apples are good for you.









What can I do about it?
            Bear in mind that using plurals in English refers to something more general than using the singular form. Hence, you should say:
            I like apples.                 I like an apple. I like apple.
            Dogs are cute.               Dog is cute.


こんなときは?
より一般的なことを話すときには単数形よりも複数形が使われるの。だから・・・

             I like apples.                 I like an apple. I like apple.
            Dogs are cute.               Dog is cute.

となるわけ。







Practice answering these questions:

1: What kind of animals do you like?
2: What kind of places are interesting for you?
3: What clothes do you wear in fall?

I’d answer:
1: I really like dogs.
2: Amusement parks are very interesting for me.
3: I wear long sleeve shirts, fleece skirts and boots in fall.


  練習してみよう
  1:どんな動物が好き?
  2:どんな場所が好き?
  3:秋にはどんな服を着る?

私ならこう答えるわ。
 1:私は犬がホント好きです。
 2:私は遊園地がとっても大好き。
 3:秋には長袖のシャツ、フリースのスカート。ブーツを履きます。


Give it a try! Write down in the comments your answers and practice using the plural form of nouns to talk about general things.

さあ、チャレンジ!みんなも上の質問にこたえてみよう。一般的なことを話すときは複数形をつかうのを忘れずにね!

2019年9月5日木曜日

第38話:誕生日


今回はMina先生書下ろし。
日本で経験した6度目の「誕生日」についての話題です。

さあ、読解にチャレンジ!

※日本語意訳は本文のあとにあります。



Why Japan is the best place to celebrate your birthday?

I just turned 28 years old this year on September 1st. Japan—Sagamiono specifically—has been my home for the past 5 years and 7 months now. It’s also the place in which I have celebrated my birthdays for the 6th time. Every year is new year and there have been countless ways on how my friends here commemorate my natal day. Here are 6 reasons why I think it’s awesome celebrating your birthday in Japan:






#1 Your closest friends and/or colleagues organize a (surprise) party for you. 
Back in the Philippines, I would be daunted celebrating my birthday because it meant spending heaps of money because friends and family (a lot of times) expect the birthday celebrator to have a party at his/her home or a birthday treat at a bar or at a restaurant. I don’t think it is a bad thing but since I started working and making my own money, I didn’t feel like spending half of my salary for just a day of celebration. My parents would hold parties for me and my two brothers every year for our birthdays when we were children. They were some of my fondest memories. However, being in charge of throwing my own party felt more like a pressure rather than a pleasure. On the contrary, here in Japan, my friends and bosses organize parties for me. My boss and his wife buy me my favorite cake. They reserve a dinner or lunch date on my birthday at a restaurant. They also plan an outing the coming weekend. We go driving to a hot spring and stay there for a night; or we go to an amusement park such as Disney or Universal Studios. My friends and of course Teacher Marilou, go through all the trouble to make me feel special on my birthday. This is why I always look forward to it every year.





#2 Japanese people greet you, “Congratulations!” on your birthday. For me personally, being greeted ‘congratulations’ on my birthday feels a little strange. Do they mean, “congratulations for making it this far”? As far as I know, there has been no epidemic or famine or war that’s happening. Kidding aside, probably I should look at birthdays more differently. Let’s congratulate birthday celebrants because the past year wasn’t all rainbows and unicorns. We had difficult days too, and we came through. I am delighted to be congratulated on my birthday!





#3 Tokyo Tower gives you free cake! This didn’t happen on my birthday but on Teacher Marilou’s birthday. Every year, I love bringing Teacher Marilou to a place where we can see a beautiful night view. Two years ago, her birthday was on a Thursday which is our day off, I brought her to Tokyo Tower. And then, I saw an ad saying that birthday celebrants who visit the tower get a free cake and also a free service charge coupon to the Prince Park Tower Tokyo Sky Lounge. We went there afterwards to have dinner overlooking the brilliant bright orange glow of Tokyo Tower. There are also other places that give freebies to birthday celebrants everywhere so be sure to google them if you want to celebrate the day differently than last year. 




#4 The presents. People in Japan, Japanese and foreigners, are very generous. I am always surprised by how much trouble my Japanese students and my foreign friends go through just to find me the best birthday present. They always try to remember my favorite cartoon characters, food, scent, etc. so they can get them for me on my birthday. I am deeply grateful for every single present I receive.





#5 Handmade or handwritten greeting cards. Many of my students, from youngest to oldest, write me these adorable greeting cards with their personal message in them. I don’t think there’s anything sweeter than a personalized card or a letter. I feel very much appreciated when I read my students’ warm messages.


#6 You’re in Japan. I am thankful to Japan for the gift of great friends and meaningful experiences. As the years go by, I feel more and more sure that people need me here and that I was brought here to serve my students and to influence people’s lives in a positive way. I hope I can do it for as long as I can and I hope to create a bigger impact to more people in the coming future. 





It has been a great year with all of you and please stay with me for many more! 







日本での誕生日が一番すてきな理由


この9月1日に28歳になったわたし。日本(正確には相模大野)での生活はこれで5年と7カ月になり、そして6回目の誕生日をここで迎えることになったの。友達は毎年いろんなかたちでお祝いをしてくれる。で、日本で迎える誕生日がなぜ素敵か?っていうと、6つの理由がおもいあたるの。



その1:親友や同僚がサプライズパーティーしてくれる!
私の故郷フィリピンでは、自分がパーティーを主催して自宅・バー・レストランなどでお祝いするの。家族や友達もそれを期待してるんで、お金たくさん使うことになって、なんだかがっかりなんだ。これって決して悪いことだと思ってはいないけど、社会人になって自分で稼ぐようになってからは、このために自分の給料の大半を使うってのはどうなのかな?って思うようになった。子供のころ、誕生日といえば両親が私や兄弟たちのために毎度誕生パーティーを開いてくれたっけ。それは私のあま~い思い出ではあるけれど、パーティーは「うれしい」というよりは(もてなすための)「プレッシャー」だったっけ。
それに対して日本では、私の友達やBossが誕生パーティーをしてくれる。Bossの家族は私の大好きなケーキで祝ってくれたり、レストランを予約してランチやディナーをおごってくれるの。週末にちょっとした旅行を企画してくれることもあるんだよ。温泉旅行だったり、ディズニーランドやUSJだったりね。私の友達も、もちろん同僚のMarilouも誕生日となれば特別な日にしてくれる。だから誕生日、大好きなんだ。


その2:日本の人は誕生日に「congratulations!」って祝ってくれる
「congratulations!」って「おめでとう、ここまでよくがんばったね」っていう意味だから、誕生日に言われるとなんか変な感じ。伝染病も飢饉も戦争もないのにね・・・冗談はさておき、誕生日って「congratulations!」って違う風にとらえてもいいのかもね。この1年、素晴らしいことばかりじゃないのに乗り越えてきたんだもの。きつい日もありそして今がある。そう思うと「誕生日にcongratulations!」ってのもありだね。




その3:東京タワーでケーキのサービス

これは私の誕生日ではなくMarilou先生のこと。私は彼女をすてきな夜景が見れる場所に毎年連れてってあげるのが好きなんだ。2年前、彼女の誕生日はちょうど私たちの休みの日(木曜日)にあたったもんで、東京タワーにつれてってあげた。そしたら東京タワーに誕生日の日に訪れるとケーキのサービスと「プリンスパークタワー東京スカイラウンジ」の無料クーポンがついてくる、っている広告を見たの。で、そのあとそこに行って鮮やかなオレンジ色に光る東京タワーを見ながらディナーを楽しんだ、ってわけ。ほかにもいろんなところで無料で誕生日を祝福してくれる場所があるから、ぜひググって、毎年、去年とは違う誕生日を迎えたいよね。


その4:プレゼント
日本に住むひとたち、日本人も外国人もとても心が広いんだな。私は生徒のみなさんや外人の友達がプレゼント選びにどれだけ気をきかせてくれてるかに驚かされるの。私の好きな漫画キャラ、食べ物、香水とかを誕生日プレゼントに選んでくれる。本当にどもありがとう。


その5:お祝いのお手製カード
老若男女問わず、生徒のみなさまがとてもうれしいメッセージを託してくれる。お手製のカードやお手紙ほどうれしいものはないよね!生徒さまからのあたたかいメッセージ、本当にうれしくおもいます。


その6:日本にいること
すばらしい友達とたくさんの経験をさせてくれる日本に感謝しています。年がたつにつれて、日本のみなさまに私は必要とされ、だから私は生徒のみなさまのためになる人になるべくここに連れてこられたんだ、って感じるようになったの。できる限りのことをしてみなさんの未来に大きな影響力を与える人でありたいな、と思います。



みんなには、私と共にもっともっと一緒にいてほしいし、そしてすてきな1年であってほしいと思うわ!

2019年8月18日日曜日

第37話:日本の病院

Bossです。

来日して6年目となる先生たち。普段から健康管理をしっかりしてくれているので、病欠することはまずない。これは生徒さまにとっても、そしてBossにとってもうれしいことです。

そんな彼女たちにも不慮の病はつきもので、これまでに内科、外科、耳鼻咽喉科、歯科などを頼ったことがある。

昨夜もMarilou先生が緊急で歯医者さんに行ったばかりだ(「親知らず」を抜歯しました)。





日本での親がわりとなるBossは、必然的に病院に同伴することになるんだけど、そんなときいつも

日本の病院のほとんどが「通訳者」なしではコミュニケーションがとれない

ことに大きな課題を感じます。

2年前にMina先生が「急性盲腸炎」で入院&手術したときなどは、緊急手術前で不安がっている彼女に、術前術後の説明をぜんぶBossが通訳しなきゃいけないレベルだった。
あのときのMina先生、どれくらいBossの説明を理解してくれていたのかな・・・今度きいてみよう。緊迫感の中、専門用語を駆使して説明しなきゃいけないあの経験はBossもMina先生も一生わすれないだろうね。


「お・も・て・な・し」という hospitality  を掲げる日本ですから
外国人の患者さんにも(日本人のそれにするのと同様に)的確な説明ができるレベルには、お医者さんたちもグローバル化する日本の状況にあわせたホスピタリティ、英会話レベルの向上を期待したいですね。


語彙(みんなはどれくらい英語でいえるかな?)


インフルエンザ
点滴
盲腸炎(虫垂炎)
輸血
手術
麻酔
車椅子
注射
親知らず
抜歯
内視鏡
入院
退院
診断
処方箋
予後
麻痺
抗生物質

the flu (influenza), instillation (intravenous feeding), appendicitis, a blood transfusion, surgery (operation), anesthesia, wheelchair, shot (injection), wisdom tooth, extraction, endoscope, hospitalization, be discharged, diagnosis, prescription, prognosis, numbness, antibiotic



(おまけ)


昨夜、謎の文章を息子から授かりました。
友達から「なんて書いてあるか解読してほしい」という依頼があって、SNSを駆使してみんなに協力をよびかけているそうです。


Bossもふくめて読めない怪文書。Mina&Marilouにも転送したら、ものの数分で回答がまわってきて、みんなびっくり!


さあ、みんなは解読できるかな?



※答えが気になる人は直接レッスンのときに聞いてみよう!








2019年8月8日木曜日

第36話:落とし物しちゃった








“Please check your personal belongings before leaving.” This is an announcement you would hear a lot, reminding you to not forget anything before leaving a place. In my years of staying here, I’ve never had an experience of losing something really important, at least not until a couple of weeks ago.

 In this blog post, I’ll let you in on a secret of a very unforgettable experience I had.


I was riding my bicycle back home on a Friday afternoon, when I unknowingly dropped my card holder. It contained cards necessary for my daily life here in Japan. I’ve tried searching for it but I ended up tired and frustrated.

I couldn’t find it. I finally decided to tell my boss about what happened and continued the search for the missing purse.


Fast forward to one night, Mina and I were on our way home talking about how it’s been a week since I lost my cards. I was pretty worried about it but still had high hopes that someone brought it to the police station. Mina checked the mailbox and was surprised to see a notice addressed to me. It was from the City Police Station. I couldn’t believe it! We were so glad that someone indeed picked the purse up and brought it to the Lost and Found. I was even more delighted by the fact that we were just talking about it minutes ago!


A few days later, Boss and I went over to claim the purse at the Lost and Found. Everything was there, from the cards to the loose change I had in it. I was asked to confirm all its contents and I gladly told the officer that nothing was missing. I would have wanted to know the information of the person who found my lost item but those were kept confidential. Anyways, whoever the kind person was, I am very thankful for his/ her good heart.






As we headed back home, I felt a great sense of gratitude towards people who do acts of kindness in their daily lives. I have also proven once more how kind and honest Japanese people are and how safe it is to live here. And more than that, it made me think that there are still many good people out there!

I never want to lose any of my belongings ever again but I hope to experience more of people’s kindness in the future!  



「お忘れものございませんよう、ご注意ねがいます。」
これって、その場所を去る前には気をつけましょう、ってことでたくさん耳にすることだよね。
日本に来て何年もの間、大事なものを紛失しちゃうことなんてなかったんだ。そう、すくなくとも数週間前まではね。

さて、今回のブログでは、そんな私のまさに「忘れることのない」経験を話題にしてみました。

ある金曜の午後、自転車で自宅に帰る途中で、うっかり(財布つきの)カードホルダーを落としっちゃった私。中には私がここ日本で生活するのにはなくてはならないカードが入っていたの。がんばって探したんだけど、結局疲れとがっかり感がのこっただけ。

どうしても見つからない。私は、おこしちゃったことをBossに伝えようと決め、そして失くしちゃった財布を探し続けたの。



しばらく日がたったある夜、Mina先生と私は、カード一式をなくして1週間、どうなっちゃったのかを話しながら帰宅してたの。とても心配だったんだけど、誰かが拾ってくれて交番に届けてくれるんじゃないか、っていう気持ちは持ってたんだ。自宅に着き、Mina先生が郵便受けを確認して、そしたらなんと私宛の通知がきているじゃない!それは市警からのものだったわ。信じられない! 誰かが見つけてくれて遺失物として警察に届けてくれたことがとても嬉しかった!数分前までMinaとまさに話していたことなだけに、ほんとたまげた。

数日後、Bossと私は警察の遺失物取扱所に財布をとりに行ったの。その中に入れていたカードから小銭まですべて入ったままで戻ってきたわ。(係の人に)すべての中身について確認するように促され、そして私は何もかもが入っていることを係の人に伝えたの。誰がこれを見つけてくれたのかを知りたかったんだけど、非公開扱いになっていてわからなかった。親切にしてくれた人がわからずじまいだけど、その人にこころから感謝しています。

自宅に帰りながら私は、日々の生活のなかで親切な行動をしてくれる人たちにとてもおおきな感謝の気持ちをいだいていたわ。そして日本の人たちがどんなに親切で正直なのか、ここに住むことがどんなに平和なのかをあらためて思い知り、まだまだたくさんの親切な人がいるんだな、ということを感じさせられました。

この先もっと人の優しさに触れたいな、って思うけど、もう二度と大事なものを落っことさないようにしなきゃいけないよね。




Vocabulary

Unknowingly- adv. Without knowledge or intention.
End up- phrasal verb. To finally be in a particular place or situation
Frustrated- adj. Feeling disappointed about a failure.
High hopes- n. A strong feeling that something good will happen or be true.
Claim- v. To formally request or demand.
Loose change- n. coins
Confidential- adj. Kept to be a secret
Belongings- n. Property; something owned by someone




用語


Unknowingly- 形容詞  うっかり
End up- 句動詞  最後は~でおわる
Frustrated- 形容詞  失敗でがっかりして
High hopes- 名詞  良いことがおきるのではないか、という強い期待
Claim- 動詞  正式に要求(請求)する
Loose change- 名詞  小銭
Confidential- 形容詞  秘密で
Belongings- 名詞  所有物







2019年7月17日水曜日

第35話:fireworks



「たまや~!」「かぎや~!!」

・・・といえば、日本ではおなじみ?の掛け声だよね。

これらは江戸時代の有名な花火師の屋号に由来する、って先日クイズ番組で紹介されてたっけ・・・・

で、今回の話題は「花火をみての外人のリアクション」について。



どうやらMina先生とMarilou先生は、由比ヶ浜の花火大会がちょうどふたりの休日に重なったもんだから楽しんできたらしい。



さあ、今回のブログはMina先生がまとめてくれたよ。さっそく読んでみよう!!

※和訳は最後に掲載しています。






How to react in English

Summer means festivals and fireworks! If you checked our Instagram and Facebook account, you might have seen my recent update about the fireworks showcase in Yuigahama beach. Teacher Marilou and I always look forward to these fireworks showcase every year. Our days off are quite unique so we are most likely to miss festivals. That day was perfect! As you know, July has brought us only rainy days for the past weeks but surprisingly, the skies stopped crying for a while and allowed the event to successfully take place.

I figured writing a blog about expressions on how you can react on something good (or bad) in English. I have divided into three parts the first one being (a) exclamatory phrases; (b) how + adjective; (c) what + noun.

Let’s dive right in!

a.       Common exclamatory phrases
While we were watching the fireworks, we exclaimed a bunch of expressions like:

Wow!
Amazing!
Wonderful!
Incredible!
Oh, my gosh!
Oh, my goodness!
Beautiful!
Spectacular!
Marvelous!

Two more ways to describe an event happening at the moment, a scenery or even a performance are the two following patterns:



b.      How + adjective
How beautiful!
How awesome!
How interesting!
How cool!
How nice!

c.       What + noun
What a show!
What a performance!
What an outfit!
What a day!

You can also add an adjective before the noun to describe something more effectively.

What an incredible show!
What a great actor!
What a powerful voice!
What a terrible day!
What a messy room!

I hope you can try using them!

-Teacher Mina


英語でのリアクション

夏といえば「お祭り」と「花火」!
私たちのインスタグラムやフェイスブックをチェックしてくれている人は、私達が由比ヶ浜の花火大会に行ってきたことをすでに知っているよね!
Marilouと私は毎年「花火大会」を楽しみにしてるんだ。でも私達の休日は週末じゃないのでお祭りにはなかなか巡り会えないの。でもこの日は完璧!7月の数週間、雨ばっかだけど、その日は雨がなんと降らずに、花火大会が行われたの!!

そこで、今回は(花火を見ての)驚き(つまらない場合も含めて)を英語でどう表現するかを題材にブログをかきました。3つのパターンにわけてみたのでさっこく見てくださいね!

A:一般的な「驚き」をあらわす言葉
花火を見てるときに、私達はこんな言葉でその美しさを表現したわ。

Wow!
Amazing!
Wonderful!
Incredible!
Oh, my gosh!
Oh, my goodness!
Beautiful!
Spectacular!
Marvelous!





・・・さらに「景色」や「パフォーマンス」を表現する方法には以下の2パターンがあるの。

B:How + 形容詞

How beautiful!
How awesome!
How interesting!
How cool!
How nice!


C;What + 名詞

What a show!
What a performance!
What an outfit!
What a day!




・・・さらには名詞の前に形容詞をつけてみると、より表現力がゆたかになるね。


What an incredible show!
What a great actor!
What a powerful voice!
What a terrible day!
What a messy room!



さあ、みんなも英語でリアクションしてみてね!

Minaより