2018年10月15日月曜日

第7話:間違いやすいこと

Bossです!

今回は先生がたに時間を作ってもらい
英会話をはじめたばかりの生徒さまがよく間違えること
について3つ挙げてもらったよ。







その1:否定文のつくりかたを簡素化しちゃう。

たとえば、
My son not eat vegetables.(誤)

「don't 」「doesn't 」などのかわりに「not」だけ使ちゃうパターンだね。


これを修正するには、「yes」「no」のだけじゃない返事をすることが大切なんだって。

Yes, I do.
No, I don’t.
Yes, he does.
No, he doesn’t.

こういう返事ができるようになれば、否定文を正しく作れるようになるそうです。




その2:形容詞「-ed」「-ing」の使い分け

たとえば
誤: I was exciting.
正: It was exciting.

先生たちによると、これは練習してなれていく必要があるそうだ。このふたつをざっくり区分けするなら、

自分のことを主語にするなら・・・「-ed」
物などを主語にするなら・・・「-ing」

となるそうです。※例外もあるけどね


正: It was exciting.
正: I was excited.

と、こんなかんじね。




その3:過去形のつくりかた

「私、~を忘れちゃった。」のような文章を話すときに

「I forgot ~(正)」 ではなくて
「I was forgot ~(誤)」 などになってしまうこと。


文章にはいろいろ(受動態とか)あるから、過去形で話すときに、「be動詞・一般動詞のどちらを過去形にすればいいんだろう?」みたいに思って、こんがらがっちゃうんだね。




Bossはこの中で2番目のが苦手だな。

「confusing」と「confused」
「boring」と「bored」
「exciting」と「excited」

みたいな使い分けのとき、どっちが正しいのか、言葉を発する前に考えちゃう。

みんなはどうかな??




相模大野の英会話教室:エクセルイングリッシュのブログ・フェイスブックはこちらからどうぞ。










2018年10月8日月曜日

第6話:英単語

英語がはなせるために必須なこと、
それは「英単語を覚える」こと。
あたりまえだよね~。

Bossもこれにおおくの時間を費やしたよ・・・というかいまも費やしてる。

何度も何度も復習して、自分のものになった「使える英単語」だけが
英会話で自然に出てくるよね。

「英単語を聞けば、即座に日本語の意味がわかること」
「日本語の単語を、即座に英語で言えること」

この二つができなきゃいけない。



覚えるプロセスはひとそれぞれ。
ただ、持ってる語数が増えれば増えるほど、Mina先生やMarilou先生と楽しくしゃべれるってことは間違いない。


ところでみんな、「もっとも使われてる英単語」が the だってのは知ってる人も多いとおもうけど、
それを「名詞」「動詞」「形容詞」「前置詞」「その他」にわけたらどうなるとおもう?


そのランキングがウィキペディアにのってたよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Most_common_words_in_English



あれ~・・・「その他」にはいってる「代名詞」は名詞扱いじゃないのね。まあいっか。


さてさてみんなはこの中で一番使わない単語って何?

Bossはね~・・・「own」だな。


じゃあ、この中で一番使い方が難しいなって思うのはどれ?

Bossは「as」だ。いろんな用途があって、こいつ、やばい。




相模大野の英会話教室:エクセルイングリッシュのブログ・フェイスブックはこちらからどうぞ。


2018年10月3日水曜日

第5話:英検

Bossです。

今度の日曜日(10月7日)は英検だね。
受験されるみなさま、当日じゅうぶんに実力を発揮してくださいネ!


エクセルイングリッシュのお手伝いをしてると
英検について質問を受けることが多々あるんでリサーチしたよ。


そしてBossが
「興味深いな!」とおもったトピックを3つほどここに残しました。





トピック1:英検もってないとお受験が不利になる!

英検の資格所持が大学受験に効果的なのは知ってる人も多いよね。
http://search.eiken.or.jp/qualification/

これが数年後には「大学入学共通テスト」でも、その効果を発揮するらしい。

news sourceはこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29945420X20C18A4CR8000/

大学受験をめざす学生諸君は、ますます所持すべき資格となってるんだな~





トピック2:日本の英語の先生は準1級レベル?

文部科学省が毎年英語の先生の実力をリサーチしてるの知ってる?その最新版が以下のリンク。

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/04/06/1403469_01.pdf

リンク内2ページ目のグラフは「日本で働く英語の先生の実力」だ。

中学の英語の先生で「CEFR B2レベル以上の資格」を持つ割合が33.6%
高校の英語の先生で「CEFR B2レベル以上の資格」を持つ割合が65.4%

とあるよね。

「CEFR B2レベル」のボーダーはちょうど「英検準1級取得者」の実力の平均値。

文部科学省は「中学英語講師の50%以上」「高校英語講師の75%以上」に英検準1級以上の資格を持つよう推奨してる、とグラフの横に書いてある。へえ~。

・・・みんなはこの数値、どう評価する??





トピック3:英検の級と幸福度?

英検協会がおもしろいリサーチを公表してるよ。
https://www.eiken.or.jp/association/info/2016/1219_01.html


・小学生以下から英語の勉強をはじめた人が準1級・1級合格にたどり着く率:約37%(中学から始めた人は25%)


・20代30代の人の60%程度が「英語は必要」もしくは「あったほうがいい」とするのに対し、40代は50%、50代は45%、60代は40%の人だけがそう思っている。


・英語を小学生以下から勉強を始めた人と、中学から始めた人とでは、40代50代になったときの年収の差が137万円


・50代で英検1級をもっている人の平均年収は1114万円


・英検準1級以上取得者は仕事での英語の必要性と、幸福度は高い。




うわあ!リアルにお金の話が出てきたよ!ついついお金のとこだけ強調文字つかっちゃった。へへへ。


以上、Bossの英検リサーチでした。

 
相模大野の英会話教室:エクセルイングリッシュのブログ・フェイスブックはこちらからどうぞ。
http://www.exl-english.com/index.html










2018年9月29日土曜日

第4話:ステスク

数日前、相模大野の伊勢丹が来年で閉館しちゃうニュースを聞いたんだ。
道をはさんだ反対側にあった「伊勢丹別館」も数年前に閉館してビルごと壊しちゃったし…

ステスクやボーノが駅前にできたことが売り上げ不振原因のひとつのようだね。

News Source
https://machida.keizai.biz/headline/2701/



さて、今回の話題は短縮語。画像が何を意味するかは、最後まで読むとわかるよ。


みんな、文頭に出てきたステスクってわかる?「相模大野ステーションスクエア」のことなんだけど、昔、Bossの息子が「ステスク」って言葉を使ったとき「なんでも短縮するな!わからないだろ?!」って諭したくせに、今ではフツーに自分が使ってるんだ。


時代とともに新語はこうしてうまれ育っていくんだな~。


英語ではこういう短縮語を abbreviation って言うよね。


日本語だと
高校 (高等学校)
学食(学校食堂)


英語だと
コンビニ  convenience store
エンスト engine stall


英語と日本語が合体したのもあるよね
ドタキャン (土壇場でcancel)
カラオケ (歌詞が空っぽのorchestra)


さらに頭文字だけをとった短縮語は acronym というよね~
USA(アメリカ)   United States of America
EU(欧州連合)  Europe Union
国際機関の短縮によく使うけど、scuba(スクーバダイビングね)razor(レーザー) rador(レーダー)なんてのもacronymだね。


そしてさらにはふたつの言葉がくっついて、新しい言葉になったものもある。これはportmanteauっていうんだな~。うん、以前にMina先生から習ったよ。


breakfast と lunch で brunch (ブランチ)
smoke と fog で smog (スモッグ)
最近よく聞くfintech (フィンテック)って言葉もこれにあたるのかな~。



Mina先生やMarilou先生が「おもしろいな!」とおもう「短縮言葉」を聞いてみたら3つあげてくれたよ。




「ドンマイ!」
Don't mind it. から生まれた言葉かな?英語の発音からきたのだね。そうそう、「簿記」も英語のbookkeepingからきているって知ってた?
「ブックキーピング」⇒「ブッキ-ピン」⇒「ボキ」
なんか無理矢理感があるな~。

「lol」
先生たちがBossにメッセージを送ってくるときに見かけるんだけど、最初はこれが何を意味するのかわからなかったよ。laugh out loud 笑いを意味するんだね!

「FriYAY」
昔は金曜日、つまり週末がくるとTGIF(Thank God It's Friday )って言ったんだけど、それはもはや古いいいまわし!FriYAY(金曜日だ、イェーイ!)が今どきらしいよ。
先生たちの場合、TuesYAY!!ってことだね!!



相模大野の英会話教室:エクセルイングリッシュのブログ・フェイスブックはこちらからどうぞ。
http://www.exl-english.com/index.html










2018年9月23日日曜日

第3話:セルフィー

みなさんこんにちは。エクセルイングリッシュのアシスタントことBossです。

ケータイで自分を撮ることを「自撮り」っていうよね。
英語では"selfy"だ。

今回は先生たちのselfyを利用して、彼女らの英語力をさぐってみたよ。



まずはBossが知ってる「顔にまつわる英単語」を独断でレベル別にしてみた。

Bossは「英単語」はまずまず知ってるつもりだけど、それを正しく書けないので、つづりは辞書で確認してから作ったよ。




まずは初心者向け。よく使う単語がたくさん並んでいるよね。
"tooth"の複数形は"teeth" 気を付けるのはそれくらい?




次は中級レベル。すぐには出てこない単語がならびはじめたな~。
"eyelash"はたくさんあるから、まとめて複数形"eyelashes"と使うほうが多いかね?
同じ「あご」でも、"jaw"は上下のあご、"chin"は下あごの先端のことだね。





そして上級。以前Bossが先生たちから教わった単語をここに詰めてみた。
「はぐき」「えくぼ」「こめかみ」「うなじ」
・・・日本語だとけっこう使うんだけどね~



さあ、ここからがプロの域。先生たちに上の3枚を見せたうえで、さらに知ってる顔パーツについて語ってもらったんだ。結果は・・・おおお!!!




hair line 髪の生えぎわ
canthus 目じり
glabella 眉間
laugh line 笑いジワ
vermilion border 唇の輪郭
nostril 鼻のあな
philtrum 鼻から口への線(へこみ)

う~ん・・・ほかにも色々出てきたんだけど画像内に収まらないよ。


どこまで知ってたら、先生たちとのおしゃべりが全て分かるようになるのかな??
みんなはどこまで覚えておく?


相模大野の英会話教室:エクセルイングリッシュのブログ・フェイスブックはこちらからどうぞ。
http://www.exl-english.com/index.html










2018年9月17日月曜日

第2話:セーラームーン

みなさんこんにちは。エクセルイングリッシュアシスタントのBossです!

今日のお題は「セーラームーン」だよ。知ってるよね!

先週先生たちを引率して大阪はUSJに行ってきたんだ。
弾丸ツアーでね。

火曜日深夜、仕事が終わると深夜バスでUSJに直行!
水曜日は思いっきり楽しんで、その日のうちに深夜バスにて帰宅!

けっこうタフなツアーだったけど楽しかったよ!


Mina先生・Marikou先生ともに「セーラームーン世代」のようで、シアター前ではしゃぎまくり!!

Bossは男なんで「セーラームーン」のことあまり知らなかったんだけど、一緒にUSJオリジナル映画を見て、セーラームーンには仲間がいることを知ったんだ~!

・・・え?常識だって?

それじゃ、全部日本語にできる?? 

えっへん!Bossはできたよ(自慢!!)



Sailor Moon(月)

Sailor Mercury(水星)

Sailor Venus(金星)

Sailor Mars(火星)

Sailor Jupiter(木星)

Sailor Saturn(土星)

Sailor Uranus(天王星)

Sailor Neptune(海王星)

Sailor Pluto(冥王星)


・・・地球と太陽は仲間じゃないのかな・・・不思議だね!


相模大野の英会話教室:エクセルイングリッシュのブログ・フェイスブックはこちらからどうぞ。
http://www.exl-english.com/index.html

2018年9月15日土曜日

第1話:お手伝い係

みなさん、こんにちは。
Excel Englishのお手伝い係、通称”Boss”です!

Mina先生・Marilou先生ともにぼくのことをBossと呼んでくれてるけど、ここに通う生徒様はお会いする機会がほとんどないよね。「ご入会のときに一度会ったきり」、なんて人も多いんじゃないかな。

さて、そんなBossですが、超多忙な先生にかわってエクセルイングリッシュの「ブログ」と「フェイスブック」を担当、更新を復活させることになりました!

MinaやMarilouと違い、日本人であるBossの視点から「エクセルイングリッシュ」「英会話」「先生たち」に関するさまざまなことをウィークリーで取り上げていきたい!

これからよろしくお願いいたします。




さてさて、そんなわけで第1話はBossの担当「お手伝い係」について考えてみた。

みんなは「お手伝い係」っていうと、どんな英単語を使う?・・・いろいろあるよね~



helper・・・そのまんまだね
supporter・・・スポーツのファンみたい
assistant・・・かっこいいな。
servant・・・あからさまにお手伝いさんってかんじ。
receptionist・・・ビジネス的だね
maid・・・メイドさんだね
usher・・・おお!難しい単語しってるね!でもちょっと使い方違う


というわけで、一番かっこよくかんじる「assistant」を使ってみました。


I am an assistant of teachers in Excel English. I look forward to seeing you guys again!


こんなかんじかな。みんなよろしくね!


相模大野の英会話教室:エクセルイングリッシュのブログ・フェイスブックはこちらからどうぞ。
http://www.exl-english.com/index.html